グリーンボンドによる調達資金の使途


●グリーンボンドによる調達資金は、明確な環境改善をもたらすグリーン

  プロジェクトに充当されます。

グリーンボンドガイドラインに記載された資金使途の具体例


再生可能エネルギー

・再エネ発電

・再エネ熱利用

・再エネ電気の需給調整、貯蔵 

 等を行う事業

 

自然資源の持続可能な管理

・持続可能な農業・漁業・林業

・総合的病害虫・雑草管理

 (IPM)

 

持続可能な水資源管理

・水循環の保全

・供水緩和対策

 

省エネルギー

・建築物省エネ改修

・ZEH、ZEB等省エネ性能の高い

 建築物の新築

 

 

生物多様性保全

・沿岸・海洋・河川流域環境の

 保護

・里山や里海の保全

 

 

 

気候変動に対する適応

・都市インフラの防災機能強化

 

汚染の防止と管理

・サーキュラーエコノミーの実

 現に資する事業

・有害化学物質の排出抑制

・汚染土壌の処理

 

クリーンな運輸

・電気自動車や水素自動車等の

 開発・製造、インフラ整備

・モーダルシフト、輸配送の共

 同化等による物流システム効

 率化

 

環境配慮製品・製造技術・プロセス

・環境配慮型製品等の開発・導

 入

・省資源包装・配送